menu
閉じる
  1. 【BEFORE】ヴィヴィアンウエストウッド 長財布【AFTER】
閉じる
閉じる
  1. 【BEFORE】ゴヤール クロワジュール【AFTER】
  2. 【BEFORE】コーチ クローバー レザーダッフル【AFTER】
  3. 【BEFORE】ルイヴィトン モノグラムミニ サック・ママン 【AFT…
  4. 【BEFORE】エルメス ピコタン【AFTER】
  5. 【BEFORE】ヴィヴィアンウエストウッド 長財布【AFTER】
  6. 【BEFORE】トリーバーチ キャンバストート【AFTER】
  7. 【BEFORE】エルメス 長財布 ドゴンGM エヴァー・ソフト(スエー…
  8. グッチGUCCI花柄フローラのバッグクリーニング。布バッグの漂白や色補…
  9. プラダのトートバッグ
  10. 汚れや傷がついても諦めないで! バックもクリーニングできるのです
閉じる

ブランドバッグの楽しみ

【BEFORE】トリーバーチ キャンバストート【AFTER】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cloth_e01_be

前面ビフォー・アフター

cloth_e01_be cloth_e01_af
  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

背面ビフォー・アフター

cloth_e02_be cloth_e02_af

  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

圧倒的な個性とインパクトが武器のブランド、トリーバーチ。

青いロゴが目に鮮やかなキャンバストートですが、ビフォアをご覧になると3種類の目立った着色性汚れが確認できます。

ひとつはベージュ系のしみ。油溶性のファンデーション汚れはノーマルクレンジングで除去可能。

次に、赤いマニキュアと思われる顔料の汚れ。このような化学製品の着色汚れは生地にしっかりと定着し、非常に頑固です。

だからと言って、あまり強力な作業を敢行してしまうと丈夫な生地を傷んでしまいます。

職人の目で生地の耐久限界ギリギリまで特殊漂白を施し、改善していきます。

最後の難関は、ジーンズ等の藍染め衣料から移染する青色のインク汚れ。

特殊漂白でかなり薄くなりましたが、それでも若干残っているのが分かります。

藍色の移染汚れはもっとも除去が難しいシミです。デアでは可能な限り除去できるよう最善を尽くしています。

  1. 注文
  2. 注文用紙
  3. 料金表
  4. 問合せ
  5. 電話する

関連記事

  1. goyard_u3-817_be2

    【BEFORE】ゴヤール クロワジュール【AFTER】

  2. 100515_601_coach_af2

    【BEFORE】コーチ クローバー レザーダッフル【AFTER】…

  3. AFTER

    【BEFORE】ヴィヴィアンウエストウッド 長財布【AFTER】…

おすすめ記事

  1. 【BEFORE】ヴィヴィアンウエストウッド 長財布【AFTER】

Facebook

ピックアップ記事

  1. goyard_u3-817_be2
    カジュアルで可愛らしい発色のオレンジが目に鮮やかなゴヤールのボストン。 今回のご相談は、表地ではなく…
  2. 100515_601_coach_af2
    こちらは写真からは伝えきれませんが皮膜が乾燥しておりスレによるガサつきがありました。同時に経年劣化に…
  3. サックママンビフォア
    全体フラップ拡大ベルト拡大…

Twitter

ページ上部へ戻る